折々の記 55

 おコメと弥生人


  最近、古代人の歯からDNAをとりだして解析する技術が進み 『日本人はどこから来たのか』という議論がふたたび活発になっています。DNAには多くの情報が含まれるため日本人の意外な来歴がわかるようになってきました。

   その成り立ちを要約すると、今から数万年前に南方から日本列島へ採集や狩猟をおこなう人々がやってきて彼らが最初の縄文人になりました。
   ついで稲作の技術を持った人たちが中国の華中あたりからやってきて弥生人になり、さらにオホーツクや渤海(ぼっかい)、朝鮮半島などから鉄の文化を持った人たちがやって来て、これらの人々が緩やかに混血しあって日本人の原形がつくられたというのです。
   ちなみに最初の縄文人はパプアニューギニアから分かれた人たちであり、北上して極東に広がったあとはベーリング海をわたり南北アメリカへ移動しています。

    これまで弥生人は朝鮮半島からやってきて稲作を伝えたとされてきましたが、朝鮮半島と日本のイネの栽培はほぼ同じころに始まっているのでどうなんでしょう。
   日本のおコメは粒が短く粘りのあるジャポニカとよばれる種類です。世界にはほかに粒が長くて粘りの少ないインディカという種類があり、これが世界のコメの8割以上をしめています。つまりとジャポニカを食べていたのは日本など一部の地域に限られるのでジャポニカの移動を調べれば稲作を伝えた弥生人の姿が見えてくるかもしれません。

   日本における最も古いコメは紀元前1千年頃の佐賀県・菜畑遺跡から出土したジャポニカです。遺跡からは他にアワやオオムギ,アズキが見つかったほか水田跡もみつかりました。弥生人たちは畳4枚ほどの小さな田んぼをたくさん作ってジャポニカを栽培していたのです。

   また世界で最も古いコメは紀元前1万4千年頃の長江(揚子江)中流域の遺跡から見つかっています。それは野生イネと栽培イネの両方の特徴があり、しかもジャポニカとインディカの両方の特徴があって人類が野生のイネを栽培し始めたころのものとされています。
   さらに紀元前5千年頃の長江下流域の河姆渡遺跡からは大量のジャポニカが見つかっています。このころにはジャポニカが遺伝的に独立して栽培用のイネとして作られていたのです。

   長江のジャポニカには特有の遺伝子があり、同じものが日本の在来種にはあるのですが、朝鮮半島のコメからは見つかっていません。

   長江下流域と日本は同じジャポニカでつながっているわけです。
しかも、その地域の人たちは中国を統治していた漢民族ではなく百越とよばれる人たちでした。漁労や海運に長じた民族で、沖にでて黒潮に乗りさえすれば簡単に九州へ着くことができたのです。

     中国におけるイネの栽培起源地とジャポニカの誕生地
   後年、魏志倭人伝のもとになった魏略(ぎりゃく)には、卑弥呼(ひみこ)の使いの難升米(なしめ)が洛陽(らくよう)で皇帝に拝謁して、『自分は呉の王、太伯の子孫』と述べています。

   呉は紀元前12世紀に長江下流域で興った国の名前で、彼はその国王の末裔(まつえい)だと言うのです。真偽のほどはともかく、倭国と長江下流域とは何らかのつながりがあってそのような発言になったのでしょう。それに魏の方では『倭国は長江下流にある会稽(かいけい)の東方海中にある』と信じられていたのです。

   これらを考え合わせると長江下流域の人たちが黒潮にのって海を渡りジャポニカとコメの栽培技術を日本に伝えて弥生時代が始まったように思えます。そして彼らが最初の弥生人になったのです。