折々の記 39

麦の起源と伝播


    このところ季節風を避けるために山の道を散歩するようにしています。山へは田畑のあぜ道を通っていきますが、最近、麦の姿を見かけなくなりました。
  このあたりの麦は裸麦(はだかむぎ)といって大麦の一種になります。以前はいたるところで作られて5月を過ぎると黄色い穂が風になびいて波うっていました。麦は冷涼で乾燥した気候を好むためコメの裏作として冬に作られてきましたが、米の栽培が減るともに麦も減ってきたようです。
   世界で栽培されている麦の多くは小麦です。ロシアや中国、アメリカ、EU、インドなど多くの国で作られています。輸出できるのはアメリカやカナダなどの数か国くらい。ほとんどの国は輸入に頼っています。日本もアメリカやカナダ、オーストラリアから年間500万dほど買い入れています。
  いまや小麦の消費量がコメと肩を並べるほどに増え、日本人の胃の半分を占めるようになりました。にも関わらず国内では需要の一割ほどしか作ることができません。麦について思いつくまま書いてみます。

                 ハダカムギ

                     麦畑の景色(5月上旬)
                  小麦 
       大麦(別名:皮麦)ムギ粒にモミ皮が強く密着しています
   麦には小麦や大麦、ハダカムギ、ライムギ、エンバクなどの種類があって世界各地で作られています。こうした麦のそもそもの発祥は今も野生の大麦があるトルコ東部からイラク北部の山麓地帯といわれています。かつては肥沃な三日月地帯とよばれた地域です。

   麦の祖先はおよそ1500万年前にこのあたりで誕生し、冷涼地帯に広がって大麦やライムギに分かれ、温暖地帯では小麦が生まれました。 そして地球が一時、寒の戻りに入った 1 万年前に野生の麦を採集していた人類は、食糧危機に陥って麦の栽培をはじめたのです。野生の麦は芒(のぎ)が長く粒もほそくて収量がとれません。それに麦粒が穂から簡単に落ちてしまうため集めるのに一苦労です。それを少しずつ改良して今の姿にしてきたのです。
   イラク北部の遺跡からは紀元前6700年ころの大麦や紀元前5800年ころの裸麦が大量に見つかっています。それらは明らかに人の手が加えられた栽培種でした。紀元前6000年代のアゼルバイジャンやアルメニアの遺跡からはいまの小麦に近いパンコムギが見つかっていて、カスピ海南岸からコーカサスにかけての地域が発祥地と考えられています。
  大麦も小麦も紀元前から栽培がされていますが、大麦の方が小麦より早く栽培が始まって食糧になりました。大河のほとりに広大な畑をつくり栽培を始めたのです。食べ物が豊かになるとそれを蓄え富(とみ)がうまれ、商工業が発達して文明がおこります。チグリス・ユーフラテス川の沿岸ではメソポタミア文明がおこり、黄河のほとりに黄河文明がおこり、ナイル川のほとりではエジプト文明がうまれています。世界の文明は大麦とともに生まれたのです。

   このうち中国における麦の歴史を『麥』という字に注目してたどってみたいと思います。 『麥』は日本や中国の史書にみられ、麦を意味しています。この麥の字を上下に分解すると甲骨(こうこつ)文字の『來』と『夊』になり、『來』は麦をさして『夊』は向こうからやってくることを意味します。
  甲骨文字は紀元前1600年頃の殷(いん)の国でうまれています。殷の遺跡からはこの文字と多くの大麦が出土しています。文字は『向こうからやってきた麦』をあらわし、向こうとは西アジアをさしています。
  殷が滅びて周(しゅう)が興り、ここでは甲骨文字を発展させた『金文』という文字が使われています。周の皇帝の言葉に『我に来牟(らいほう)を胎る』とあり、『良いムギの種が西方からやってきて豊かになった』ことを述べています。この良いムギとは小麦です。大麦は麦粒を搗(つ)いて皮をとれば食べられますが、小麦は粒に皮が癒着しているため搗いても皮が剥(む)けません。食べるには臼(うす)でひいて粉にするしかないのです。そのための碾(ひ)き臼が広まったのは紀元前700年のころ。周の時代です。
  食べ物が大麦から小麦にかわった結果、中国・華北の人たちは粒を食べる文化から粉を食べる文化へと変わりました。
   こうした麦が日本へ伝わったのは大麦は紀元前1000年のころ、小麦では紀元前200年といわれています。それ以来、日本人は大麦とコメを主食に選んで食べてきました。
  それが最近はパンやピザ、スパゲッティ、麺などの小麦を大量に食べはじめ、粒食から粉食に変りつつあります。2千年ものあいだ馴染んできた粒食用の身体ですが、急に粉食になって不都合はないのでしょうか。今の世代がその結果を検証することになるでしょう。
   ちなみに日本でも小麦は作れますが、そのほとんどを外国に頼っています。ひとつには農政の基本にコメがあり、麦は輸入と割り切ってきたところがあります。いずれそれを見直す日がくるかもしれません。