折々の記 72

禾乃登  こくもの すなわち みのる


  この夏は日中に32度を超える日が続き、焼けるような強い日差しのせいでほとんど家の中にいました。

   9月になってようやく気温がさがり、田んぼでは 8月下旬に開花したイネが実りはじめています。10月上旬には中生のヒノヒカリが収穫を迎えるので新米が食べられるでしょう。極早生のコシヒカリはすっかり色づいて禾乃登(こくもの すなわち みのる42候)といえそうです。

  イネの品種は極早生、早生、中生、晩生のタイプがあって西日本では中生や晩生の品種が多く、粒は大きく粘りの強いおコメが好まれました。 一方、東日本では早生や極早生の品種が多く粒は小ぶりで粘りが少ないおコメが好まれました。

   それが昭和31年にコシヒカリが誕生してまたたく間に全国にひろがって東西の品種の違いが無くなったのです。
コシヒカリは作りにくい品種ですが東西の中間の特徴を備えていたうえ、とにかく美味しかったので日本中で受け入れられたのです。それに戦後の飢餓の状態から抜けだしてコメにも量より質が求められる時代になっていました。

   イネの極早生、早生、中生、晩生といった品種では開花から収穫までの日数はどれも42日とほぼ同じです。違うのは、田植えから穂がでるまでの長さです。 とりわけ夏至を過ぎてから穂がでるまでの日数に違いがみられます。日の短さに敏感に反応してすぐに穂をだすのが早生のタイプ。鈍感でなかなかでないのが晩生のタイプです。なので冷害でコメがつくれなかった東北や北海道でも地域に合った早生の品種が開発されて今やコメどころです。

  イネの育種と栽培技術の進歩によるものです。最近は新品種が外国に流出することが増えていますが、気候や土地、栽培技術があって品種の特性がいかされるので、なかなか思うようにいかないでしょう。農家が培った技術はなかなか真似できないものです。

             コシヒカリの稲穂がたれています。