折々の記 69

小暑のころ

   夏本番に入ったとされる節気が小暑(しょうしょ)です。旧暦の7月7日から21日までをいいますが、いまの季節感なら梅雨があける7月15日から31日まででしょう。南風(はえ)とよばれる南の風が暑い空気を運んでくるため温風至(あつかぜいたる)と南風の到来をつげています。

   海辺では北へ帰っていたウミネコたちがもどり羽根が茶色い幼鳥たちが多くまじっています。末候(7月17日から21日)にも鷹乃学習(たかすなわちがくしゅうす)とあり鷹(たか)の子が飛ぶことを覚え始めます。卵からかえって一と月くらいのものでしょう。小暑は多くの鳥たちの巣立ちの季節になっています。

   ところで最近、よく通る道があり、その途中に一軒の納屋(なや)があります。いつもそのそばで一息いれて休むのですが、ある時、納屋の窓があいていて馬が顔をだしました。顔だけですが立派なサラブレッドです。納屋だと思っていたら馬屋でした。

  なぜ、こんな山奥に馬がいるのかと驚きましたが、すぐ近くの神社で馬を使った祭りがある事を思い出しました。ここから少し下(くだ)ったところに加茂(かも)神社があり、10月の例大祭には子供たちが馬に乗って参道馬場を駆けぬける 「お供馬(おともうま)の走りこみ」が行われます。その時に走る馬を氏子の方が飼っているのでしょう。

   加茂神社は名前のとおり京都の上加茂(かみがも)神社につらなる神社です。その上加茂神社では毎年十月にある葵祭(あおいまつり)で馬の駆けくらべをする競馬(くらべうま)の儀式が行われます。もともと宮中の行事だったようですが上加茂神社に移されました。その際に馬の飼育料として全国にある20ケ所の荘園(しょうえん)が与えられ、その一つが伊予の国の菊満荘(菊間)、このあたりです。おそらく 「お供馬の走りこみ」は上加茂神社の競馬(くらべうま)をもとに始められたのでしょう。

   使用する馬は中央競馬に出走していた馬のうちケガや病気で引退する馬を引きとっています。馬にとっては年に一度ですが、着飾って神社で疾走できるハレの舞台です。それに年をとって走れなくなれば、地元の子供たちとふれあうホースセラピーとしても生きていきます。

  暑いなか、車の音を聞きつけて顔をだしてくれる馬がいるだけで癒されます。