折々の記 71

大暑 


   旧暦の7月22日からの2週間は節気の大暑です。季節感からいえば8月初めからお盆明けくらいまででしょう。一年で最も暑い季節になり「土潤(つちうるお)いて溽(む)し暑し」といわれるように、陽炎(かげろう)がたちのぼり、熱気が体にまとわりついてくる感じです。日のある間は外を歩けません。

   正岡子規も暑さに閉口して「これは これは これは今年の熱さかな」とか「ただあつし 起きても ゐても ころんでも」などと詠んでいます。 風通しのよい部屋で横になっていると体がだるくなって「老人の熱中症」という文字が頭をよぎります。いそぎクーラーの効く部屋へ退散です。庭の草木もあまりの暑さに萎凋(いちょう)しまい陽が落ちるのを待って水を撒いて回復させます。

  その8月の最初の日を八朔(はっさく)といいます。朔(さく)とは新月の最初の一日をさします。このため朔日(さくじつ)は「ついたち」のことなので8月1日は八月朔日(さくじつ)となり、略して八朔と呼ばれます。八朔の日は早生の稲が収穫を迎えるのでお世話になった方々に新米を贈ったようです。つまりお中元のようなもの。

  徳川家康が秀吉の指示をうけて江戸城に入いり、関東を治めることになった日が天正18年の8月1日といわれています。徳川家では幕府のもとになったこの日を佳日(けいじつ)と定め、大名たちは皆、この日に江戸城へ登城して祝詞を述べたそうです。江戸期をつうじて八朔は、正月に次いでめでたい日とされていました。

   また、八朔といえば柑橘の種類にもその名がみられます。果実の大きさはみかんの3倍ほどあり、果皮は厚いうえ果肉を包む「じょうのう」も厚いので剥いて食べなければなりません。味はさわやかな酸味とほんのりとした甘さ、少しの苦みがあってグレープフルーツの食感に似ています。農家ではこれを 1月に収穫したのち貯蔵して、酸が減った3月から5月にかけて出荷しています。この八朔、果実の特徴から見てブンタンの血が入っていることは確実ですが、何と何から出来ているかわかりません。そのため雑柑という範疇に入っています。

   通説では、1860年(安政7年)に広島県因島(いんのしま)の恵日山浄土寺の境内で見知らぬ樹が生えてきて大きな果実をつけました。住職の恵徳上人が見つかった日から八朔と名づけたようです。また、珍しい果実が偶然生まれたので「これは慶事(けいじ)である」として縁起の良い「八朔」と名づけたともわれます。

   このほか8月1日は水の日とされています。今年は水不足の心配がないので安心して庭木に水をまいていますが、市では老朽化した水道管をやりかえるために水道代を値上げしたといいます。来月あたりは請求書をみて少し涼しくなるかもしれません。


            八朔の果実とカット写真