折々の記 70

生き物とのかかわり方

   夕方に歩いていたら道端にツバメのヒナが鳴いているのを見つけました。 おそらく巣から落ちたのでしょうが、近くに巣らしきものは見当たりません。なぜこんなところにヒナがいるのか不思議でしたが、ヒナのそばには小さな沢ガニが保護者のように寄り添っています。でもこのあたりには猫やカラスが多いので、すぐに見つかって食べられてしまうでしょう。

   巣から落ちたヒナを飼うのは手間がかかるうえ、うまくいかない場合が多いのです。でも放っておくわけにもいかず、保護してみてダメならそれはそれでやむを得ない、そう思って連れて帰りました。最初は、とってきたバッタを美味しそうに食べたていましたが、翌日の夕方に急に亡くなってしまいました。残念でした。

    最近、思うのですが、自然界の生き物にむやみに関ってはいけないという風潮が強いように思います。子供のころは虫や動物が身近にいたので遊びながらそれらと関わりがありました。ですが最近の子は知識が豊富でも実際にさわったり飼ったりしていないので大人になっても関わり方がわからないらしい。わからないから関わらずに遠ざけようとするのです。

   自然界ではほかの生き物との関わりを無くすことはできません。積極的に関わりを持とうとしても相手のあることなので思ったようにいきません。庭に巣箱を作っても鳥にとって都合がよければ受け入れるし、問題があれば無視します。ツバメは人が住んでいる家に巣をつくります。これは人がいれば蛇やカラスなどの天敵が来ないので安心して毎年、同じ巣を使っているのです。でも万一、カラスにヒナがとられたりするとその巣を二度と使うことはありません。これはツバメの意思です。

  人が生き物と関りを持とうと思えば、彼らの行動をよく観察してなぜそうした行動をとるのか理解することです。そうすれば、思ってもみなかった一面を彼らは見せてくれるでしょう。このことは本来、子供のころに身につけておくべきです。 

  今回、残念ながら保護したヒナは亡くなりましたが、妻が「お空を自由に飛んでください」と墓碑にしるして埋葬していました。短いながらもこれも一つの関りです。