折々の記 75

今治城を訪ねて


 本州側から見て愛媛県で最も近いのは今治市です。しまなみ海道を使えば車で1時間くらいでしょう。造船とタオルの町と言われて久しいですが、今治藩3万5千石の城下町のためか街中の雰囲気はゆったりと落ちいています。今回は海城としても知られる今治城を訪ねてみました。

   城の外郭はめずらしく正方形をしています。かつては内堀や中堀、外掘をめぐらし、中堀には海に面した港がおかれて現在の今治港になっています。いまは内堀を残すだけですが、堀の幅は70mと広く、海の潮がひきこまれているのでチヌやスズキなどの海の魚たちがゆったりと泳いでいます。

   また、急潮で知られる来島海峡をはさんだ大島や隣の伯方島、その先の弓削島や魚島などは藩領でした。これらの島々は信長や秀吉と戦った村上水軍が根城としていた所で、瀬戸内航路の要衝でもあります。それゆえ今治藩はここを通過する船を監視して万一、毛利家や島津家が京・大阪に攻めのぼることがあれば、それを海上で阻止する役目を帯びていたのでしょう。そのために幕府は親藩の久松松平家をここに置いています。

 手前に船が止まっている所はかつての中掘にあった城の港、現在の今治港です。向こうに来島海峡を渡る来島大橋が大島との間にかかっています。手前は内堀です。
              内堀を渡って大手門に通じる道

                   5層6階の天守です。

        鉄砲櫓や武具櫓など七つの櫓が各所に配置されています。
   昭和55年に復元された5層6階の天守は高さのわりにスリムな感じがします。かつては城の南東角にあり、現在の神社の本殿が建っているあたりにあったようです。

   城は周囲を高い城壁と櫓で囲まれた優美な外観をしていますが、3万石の城にしては立派すぎるように思います。築いたのは築城の名手といわれた藤堂高虎です。
   高虎は秀吉の時代に宇和島藩7万石の大名になり、その後大洲藩の1万石を加え、さらに関ヶ原の戦いのあと今治藩12万石を加増されて20万石の大名になっています。この間に宇和島城や大洲城を築城したり大規模な改修を行ってきており、この城は今治藩が12万石のときに作られた城でした。

   高虎が三重県の津藩に転封したのち今治藩は久松松平家が3万5千石で入いりました。城も役目もそれまでと変わらないのに懐具合は1/4でまかなわねばならず、おかげで江戸期を通じてこの藩はずいぶん苦労しました。今治から水が峠を越えて松山藩へにげる農民があとをたたなかったといいます。

   その松山藩とは同じ久松松平家ですが、財力は十五万石と4倍もあります。隣にいて親戚づき合いは大変だったでしょう。そして幕末に今治藩は薩長の朝廷側につき新政府軍として戊辰戦争に参加しています。一方、松山藩は幕府側について朝敵になってしまいました。
   この差は今治が小藩ゆえに幕府から当てにされていなかったほか、海を利用して時勢の動きをつかんでいたからでしょう。色々な藩に家臣を定期的に派遣して各藩の動向を探らせました。これも小藩が生きのこるための道でした。
  この外から情報を得ることに対して躊躇がないのは、いまの今治人にも通じているかもしれません。何人かの知り合いを思い浮かべてそんな気がします。