折々の記 3

  


 
   黄色く色づいた畑では麦刈りがはじまっている。麦は 5 月に入って熟れはじめるので麦秋は、初夏の季語になっている。今年は、春先に曇天が続いたせいで熟すのが遅れたようだ。
   6 月初めの田植えまでには麦を刈って田を空ける必要がある。刈り取った麦わらはすき込まねばならないし、晴れの日が続かないと麦は刈れない。この時期は天気を見ながら気をもむことが多い。

   四国の麦は裸麦(はだか麦)である。裸麦は大麦の一種だが、寒さに弱いので主に西日本で作られてきた。東日本や北日本では寒さに強い大麦の方が主役である。
  明治のころ、日露戦争を前にして軍馬を増やす必要があり、大麦を馬のエサにまわしたところ東日本の人たちは食に事欠くようになってしまった。当時人々は米より麦が主食だったので大変なことである。
  政府はいそぎ西日本の裸麦を東日本へまわしたものの、大麦と違って裸麦には独特の匂いがあって人々には不評だった。それでも背に腹は代えられず、我慢して食べているうち馴染んでいつて今では麦飯と言えば裸麦があたりまえになっている。

   その裸麦の産地である瀬戸内では味噌(みそ)も裸麦で作られている。全国的には米みそが主流だが、名古屋の豆味噌と瀬戸内西部の麦味噌は傍流である。味噌は麹をつくる原料が米か大豆か麦かの違いだけで、醸造する原料は大豆であることにかわりはない。

   人の味覚は幼少期に作られるので大人になっても舌が味をおぼえている。米味噌で育った人間は甘い麦味噌の味噌汁には馴染めない。飲めないことはないが、うまいとは思えない。
   しかし最近いい方法をみつけた。麦みその味噌汁でも豚肉を入れてトン汁風にすれば甘さに抵抗がなくなる。それに卵を一つおとしてみるのもいい。これなら米味噌よりもうまくなる。もう少し早く気がつけばよかった。